床屋さんと美容院について

髪をカットする床屋さんと美容院

床屋さんと美容院

髪の毛をカットしたり染めたりパーマをあてたりする床屋さんや美容院。

 

主に男性は床屋さん、女性は美容院もしくは美容室を使うでしょう。

 

しかしカットひとつを比べてみても違う仕上がりになりカットする人の個性がでます。

 

それが同じカットのお願いだったとしてもです。

 

カットする床屋師、美容師のセンスが出ます。

 

結局、私(自分)が納得する髪型にしてくれる床屋さんなり美容院を利用するのがよいです。

 

また、角刈りなどの髪型する場合腕の差がはっきりと出ます。

 

うまい人はピシっと角刈りに仕上げます。

 

下手な人は正面から見た時に斜めになっていたり少し変です。

 

本人は横からは見えないので形が整っていなくてもよいですが正面は鏡を見ればはっきりと分かります。

 

髪が短いので正面から見た時に形が変だったら笑えません。

 

髪が伸びてくるまで我慢するか思い切って坊主頭にするしかありません。

 

今は昔と違いバリカンを使いカットするのが多くなってきました。

 

そう、昔はハサミを使い丁寧に整えていたのです。

 

これぞまさしくプロの仕事です。

 

 

たまに昔の映画を観ると高校生がパーマをかけていますが、いまはパーマをかけている男性を見ることはほとんどありません。

 

ここで言うパーマはパンチパーマやアイパーマです。

 

カッコイイ男としてパーマをかけるのです。

 

不良などの学生に多かったです。

 

しかしパーマをかけても時間がたつと髪は伸びダサくなってしまうので早めに切ったりしなければなりません。

 

最後に話を簡単にまとめるとセンスの合う人にカットしてもらうのよいって事です。

薄毛の悩み


ホーム RSS購読 サイトマップ